神戸市東灘区の小児科・アレルギー科ならばやしこどものアレルギークリニック

神戸市東灘区本山中町4丁目13番15号ご相談 078-412-7925

NAC隊長のソロ活動SOLO WORK

0歳から18歳まで

5月6月は学校健診真っ盛り。

開業小児科医ならほとんどの方が小学校または中学校の校医をしています。

NAC隊長も小学校と中学校の校医を務めています。それだけにとどまらず、こども園の園医や乳児院の嘱託医も務め、高校の健診にもお手伝いに行っています。

最近ふと、「0歳から18歳までのこどもたちの健診をしている」とう事実に気づきました。

ひとりのこどもを18年間追い続けているわけではありませんが、各年齢数十人から200人以上のこどもを健診する機会が持てている。

小児科は基本的に15歳までが対象となるので、医師が一人しかいないような地域ならまだしも、神戸みたいな都会でこのような経験が出来ているのは希少なことです。

なんらかの不調を訴えて来院される普段の外来診察と異なり、特に訴えのないこどもたちから不調の種を見つけ出す健診はまた違った緊張感があります。

年齢による体の変化も勉強になります。発達の進み具合はどれくらいまでが正常で、どこからが正常を飛び越えているのかという基準が自分の中で具体化し、普段の診療で発育について相談を受けたときにお子さんや親御さんを安心させてあげることができます。

最近の風潮として、学校健診で脱衣を行うことへの疑問を呈する声がありますが、「目で見て学べる機会」が奪われてしまうのは医師にとってもお子さんにとってもデメリットになるように思います。

 

4年ぶりに

開院以来、神戸市灘区にある神戸こども初期急病センターに月1回のペースで出務していたのですが、コロナ禍で途絶えてしまっていました。

今年2月から4年ぶりに出務再開となりましたが、4年という時間は大きな変化をもたらします。診療が軌道にのって午後の診察が終わるとくたくたです。4年もあれば年も取ります。4年間の空白ののちにまた夜遅くの診療をするのはなかなか大変です。

続けていればいずれ体が慣れてくる、とは思うのですが・・・。

 

4年ぶりの出務で気づいたのは体力の衰えだけではありません。

夜遅くに受診されるお子さんや付き添いのご家族は、何もこんな夜遅くに受診したいわけではないでしょう。けれども「こどもが熱を出した」「おなかを痛がっている」「食後に湿疹が出てきた」とあれば、心配ですぐにでも診てもらいたいと思うのが道理です。

「こどもが急に熱を出した」は仕方ないと思います。

「おなかを痛がっている」で受診されるお子さんの多くが「便秘」が原因です。親御さんに話を聞くと、「普段から排便時に痛がる。血が出ることもある。かかりつけに相談したら「個性だから」と言われた」なんておっしゃることがしばしばです。

便秘は急に始まるわけではありません。普段からしっかり便が出せていなくて、たまりにたまって生じるので、解決策は便がたまらないように、お薬で治療してあげることです。

なのに、便秘が軽視されてきちんと治療されていないために夜間の受診が生じてしまうという悪循環。

 

NACはアレルギー疾患だけでなく、日常生活をhappyに過ごせなくなってしまう便秘や夜尿症などの診療もきちんと行うことを心掛けています。

講演報告

とある製薬会社の神戸営業所の社員研修でアトピー性皮膚炎について講演しました。

2021年にも同じ企画で講演していますが、今回の内容は全く異なるものになりました。

タイトルは「アトピー性皮膚炎診療の近未来予想図」。

2018年以降、アトピー性皮膚炎には新しい治療薬が次々に発売され、「これ全部使いこなせている医師はいるの?」という状況になっています(NAC隊長も全部は使いこなせていません)。

そんな治療薬の特徴を自分の頭の中ですっきりまとめるためにも今回の講演はいい機会になりました。新しく薬をうまく使いこなすことで、この先アトピー性皮膚炎の診療は少し変わっていくのだろうなぁという内容にまとまりました。「近未来予想図」とはそういう意味です。

 

こういう講演はこちらから売り込んでいるのではなく、先方から依頼があって引き受けています。

発表のためのスライドは一から作りますし、ひとつひとつの事象に根拠(エビデンス)を示しながら伝えるため文献をたくさん読むことになるので、準備にはとても時間がかかるのですが、自分の知識をアップデートするいい機会になるので、どんなに忙しくても依頼があれば引き受けるようにしています。

今回の内容は自分でもワクワクするくらいうまくまとまったので、発表当日が楽しみでした。

ところが、事件が起きました!

当日の時間を一時間勘違いしていて、それに気づいたのが予定時間を30分すぎた頃。

急いで着替えて駅まで走ってタクシーに飛び乗ったのに運転手さんが土地勘のない人で、話がなかなかかみ合わない。焦る気持ちをなんとか落ち着かせながら会社に到着しました。

予定時間を45分も遅れて始めることになってしまい、講演冒頭は平謝りでした・・・。

 

最近は減りましたが、ときどきNACを「皮膚科」だと思って来院される方がおられます。

それは皮膚科の先生に申し訳がない。NACは「小児科」クリニックで、アレルギー診療を得意にしています。

ではなぜアトピー性皮膚炎を診るのか?

それは、アトピー性皮膚炎があると、将来的に食物アレルギーや気管支喘息、アレルギー性鼻炎といったアレルギー疾患を発症しやすいからです。アトピー性皮膚炎はアレルギーの「入り口」になる疾患。その後のアレルギー疾患の発症を抑えるためにも、小児科医が診る必要があると考えます。