神戸市東灘区の小児科・アレルギー科ならばやしこどものアレルギークリニック

神戸市東灘区本山中町4丁目13番15号ご相談 078-412-7925

NAC隊長のソロ活動SOLO WORK

NACのたくらみ

2020年4月に、NACは開院三周年を迎えましたことは以前にお伝えしました。

コロナウイルスの騒ぎが起こる前から、三周年記念イベントを5月に行うことを企画していたのですが、状況を鑑みて10月に延期しました。

けれども、いつ第二波が来るのかわからない状況では10月でも開催は難しいと判断し、残念ながら当初の企画は断念するに至りました。

でも、やっぱり何かしたい!

と思いまして、新たな企画を考えました。

既に一部の方々にはリークしてしまっています(だって、楽しみで仕方ないものですから)が、詳細は7月1日に発表します。

楽しみにお待ちください。

Golden Week Stay Home Challenge 6

NACスタッフによるGWSHC最終回は2回目登場のNAC隊長で締めたいと思います。

今回は、みんな大好きハンバーグ♡

NAC隊長が自らに課したミッションは、「一般向けのレシピを、材料を置き換えてアレルギー対応食を作る」なので、参考にしたレシピはcookpadにあったシンプルなハンバーグレシピ。

分量はそのままで、パン粉を米粉フレークに、牛乳を豆乳に、卵は例によってエッグセパレーターで取り分けた卵黄の表面をキッチンペーパーでふき取ったもの。

付け合わせは蒸しブロッコリー(栄養満点)、カボチャ、プチトマト、パンはニッポンハムの「お米で作ったまぁるいパン」です。

出来上がったハンバーグはなぜか少し柔らかいけれど、お肉の味が前に出て普通に美味しいハンバーグ、と言う感じでした。

おろしポン酢でいただくと、大人には絶品!!ですが、お子様にはケチャップが喜ばれるでしょうか。

ニッポンハムの「お米で作ったまぁるいパン」はもちもちしてとても美味しいのですが、敢えて欠点を述べると、小麦の豊饒な香りが感じられないこと。

ここは致し方ないところでしょうか・・・。

牛乳アレルギー、小麦アレルギー、そして当院に来てくれているほとんどの卵アレルギーのお子さんに対応しています。

NAC隊長、子供の頃は家族でレストランに行くと必ずハンバーグを注文していました。今も大好きです。

ということで、お勧め度はもちろん「5」です。

Golden Week Stay Home Challenge 5

今回は医療事務班T隊員のGWSHCです。

家にある材料で作れて、小さいお子さんから大人まで、おやつや軽食として手軽に食べられそうなもの、ということで作ったのは『ポンデケージョ風』。

参考にしたレシピは環境再生保全機構のホームページにある『食物アレルギーの子どものためのレシピ集』です。

材料(9個分)

じゃがいも:小1個(100g)
塩:小さじ3分の1
オリーブオイル:小さじ2
片栗粉:40g
こしょう(好みで):少々
ほうれん草:10g
にんじん:10g
カレー粉(注):(水を少々加える)

※詳しい作り方は環境再生保全機構のホームページをご参照ください。

確かに、特別なものは使ってなくて、手軽に作れそうです。

ホウレンソウやニンジンはなるべく細かくして、野菜嫌いな子供でも食べやすくするのがポイント。牛乳アレルギーがなければ、パルミジャーノチーズを加えれば風味が増します。

家族の感想は「もちもちしていて美味しい」ということでお勧め度は「5」。

Wikipediaによりますと、『ポン・デ・ケイジョ』はブラジルのミナスゼライス州で生み出されたパンの一種で、名前はポルトガル語で「チーズパン」ということだそうです。本来の材料は卵、牛乳、小麦と食物アレルギーの3大原因食品ですが、今回紹介したレシピはアレルギーの心配なく食べられそうですね。