神戸市東灘区の小児科・アレルギー科ならばやしこどものアレルギークリニック

神戸市東灘区本山中町4丁目13番15号ご相談 078-412-7925

お知らせINFORMATION

2023年食物経口負荷試験のまとめ

2023年はコロナがまあまあひと段落した反動で様々な感染症が流行する一年でした。

そんな中でもNACでは、食物アレルギーのあるお子さんが安全に食べられる量を明らかにするため、のべ315人に食物経口負荷試験を行い、58人に何らかの症状を認めました。

2023年は多くのこどもがコロナ以外の感染症に罹患したため予定していた負荷試験をキャンセルせざるを得なかった方が多く,実施数は昨年より少なくなりました。

鶏卵149名、牛乳91名、小麦34名、ピーナッツ9名、カシューナッツ2名、ヘーゼルナッツ1名、マカダミアナッツ1名、アーモンド4名、ココナッツ1名、エビ3名、魚7名、イクラ1名、タラコ1名、大豆6名、ソバ2名、ゴマ1名、その他1名と、いろいろな食材で行いました。

アドレナリンの筋肉注射が必要だった方は1名ですが、重症化への進展を防ぐために使用したものでした。

 

食べて症状が出た食材を「一年は除去しましょう」はやめましょう。その一年の間に負荷試験を行って食べられる量を増やし、除去不要になってしまうことだってありますから。

子供にとっての「一年」という時間のもつ意義は大きいのです。

一年除去して食べられるようになる保証はありません。安全に食べられる量を食べて、負荷試験を行って増やしても大丈夫か確認してまた安全に食べられる量を食べる。これを繰り返して食べられるようになっていくのです。

NACがこの検査を行うのは、ご家庭での食事は“安全で楽しい時間”であってほしいと願うからです。「もしかしたら症状が出るかもしれない」リスクをご家庭で背負う必要はありません。

リスクはNACに任せて、ご家庭では楽しく食事してください。

 

気になっているのは、まだ除去解除できるほどに食べられるようになっていないにも関わらず、来院が途絶えてしまったこどもたち。

どこかほかの病院を受診して食べられるようになっていたらいいのですが、除去を続けている、もしくは摂取量を制限したままになってしまっているとしたら残念でなりません。

もしこの投稿を目にされましたら、ご連絡ください。

新年は1月4日(木)から診療を開始します。

みなさん、安全で楽しい年末年始を過ごしてくださいね。

年末年始の休診日

年内は12月26日(火)まで診療します。

年始は1月4日(木)から診療開始します。

定期内服しているお薬が足りなくならないよう計画的な受診をお願いします。

2023シーズンのインフルエンザワクチン予約開始のお知らせ

2023/2024シーズンのインフルエンザワクチン接種予約を実はもう開始しています(外来受診された方に案内し始めています)。

予約はお電話もしくは定期受診時に受付でお伝えください。

予約分のワクチン確保に努めますので具体的な日にちが決められない場合でも、日時未定で予約できます。

12歳以下のお子さんは2回の接種が必要とされていますので2回分の予約をお願いします(ちなみに神戸市から接種費用助成があるのは1歳以上12歳までのお子さんです)。

接種開始は10月2日からとなります。

接種は月曜・火曜・木曜の予防接種外来枠(14時から15時30分)を原則とします。

定期的に通院してくださっている方は定期診察の際に接種できますので、受付で次回受診の予約を取る際にインフルエンザワクチンの予約もお取りください(ただし、その場合、インフルエンザワクチン以外のワクチンとの同時接種は出来ません)。

また、10月14日からは土曜日の17時30分ごろにインフルエンザワクチン接種外来を設けます。定期通院されていない兄弟の接種も希望される場合はこちらの時間帯をご利用ください。

親御さんの接種は3歳未満のお子さんといっしょの方に限らせていただきます。それ以外の方は大人の診療科での接種をお願いします。

当院で1回目を接種された方の2回目のワクチンは確保するよう努めます(これまでのところ、確保出来なかったことはありません)が、他院で1回目を受けた方の2回目のみの接種はお受けできません。

これまでNACを受診したことがない方、インフルエンザワクチンでしか受診したことがない方は月・火・木の予防接種枠か、土曜日17時30分からの枠で予約を受け付けます。

昨年12月に流行期入りしたインフルエンザが、今春以降も収束することなく次年度のシーズンに入るというかつてない状況ですが、流行が本格化するのは冬季になると予想されますので、10月からのワクチン接種をぜひご検討ください。