神戸市東灘区の小児科・アレルギー科ならばやしこどものアレルギークリニック

神戸市東灘区本山中町4丁目13番15号ご相談 078-412-7925

NAC隊長のソロ活動

Golden Week Stay Home Challenge 4

<NAC隊長のソロ活動 番外編>

救護班M隊員のGWSHCです。

「食物経口負荷試験をして卵が食べられることがわかっても、今まで卵を除去していたために黄色い食べ物を嫌がって食べてくれない」という親御さんの相談が多いことから、卵除去中でも普段から卵を使用しているかのような黄色い食べ物に慣れておけば、除去が不要になった後もお子さんに不安なく食べてもらえるのではないかと思って、『オムライス風』というメニューを作ってくれました。

参考にしたのは、ニッポンハム食の未来財団の『食物アレルギーに向き合う美味しいレシピ集』です。

「薄焼き卵風」は、皮と種を除いたかぼちゃ60gを温めてからつぶして上新粉16gと片栗粉16g、調整豆乳120gを泡立て器でよくまぜて、フッ素加工をしたフライパンに流し入れ、表面がしっかり乾いたら出来上がり。

ポイントは、上新粉を使っているためフライパンに流し入れる際に薄く流し入れないとお餅みたいになってしまうことだそうです。

中に包むケチャップライスはお好みの材料で構いませんが、ケチャップの味付けをしっかりつけておいた方が美味しいようです。

食べた家族の感想は「かぼちゃの味があまり感じられず、ほんのり甘い薄焼き卵みたいでいい」「本物のオムライスを知っている人には食感が全く違うが、オムライスを食べてことがない人にとっては違和感ないのでは?」でした。

お勧め度は「4」。