神戸市東灘区の小児科・アレルギー科ならばやしこどものアレルギークリニック

神戸市東灘区本山中町4丁目13番15号ご相談 078-412-7925

NAC隊長のソロ活動

2019年ソロ活動のまとめ

2019年最後の講演として、兵庫県の2019年度 新規採用養護教諭研修でアレルギーに関する講演を行いました。20代の若い養護教諭の方たちが二日間にわたって受ける研修の初日最初の講演を任されました。

今、学校現場は、発達障害のあるこどもへの対応やいじめの問題など、アレルギー以外にもたくさんの課題を抱えています。そういった課題に対する講義が二日間にわたって行われる、その最初の講演を任されることになったのは責任重大です。NAC隊長の講演がつまらないと思われてしまっては、以後の講義へのモチベーションが下がってしまいかねません。

そこで今回は、講演の最初に、これから二日間の講義を聴くにあたって、「思いを致す」という姿勢で臨んでくださいとお伝えしました。

こどもたちはこんなことやあんなことでさぞ困っているだろうなぁと考えながら講義を聴いてくださいね、とお伝えしました。

NAC隊長の講演をみなさんメモを取ったりうなずいたり、雑談では爆笑してくれたり、とても真剣に聴いてくださいました。

こういう時は演者の調子も上がり、思う存分話しても質疑応答を含めて1時間45分、時間きっかりに終わりました。

その後送られてきた感想では、「これまで聞いたどのアレルギーに関する話よりも分かりやすかった」「アレルギーの話は以前にも聞いたことがあるが、今回新たな発見や気づきがたくさんあった」「こどものしんどさを理解し、エピペンが必要な場面で迅速な判断ができるよう努めたいと思った」など、講演者冥利に尽きることばをたくさん頂けました。

 

改めて数えてみると、2019年は学会や研究会での発表、医師会での講演、学校関係者への講演、保育園での講演、区民健康講座など合わせて12回の発表を行いました。毎月1回は発表している計算になります。対象者は医師、学校関係者、保育士、一般市民など多彩で、それぞれに合った内容を話したので、ひとつとして“使いまわし”ができませんでした。

このため、休診日のほとんどを発表とその準備に充てることになり、家族には少し寂しい思いをさせてしまったかもしれません。

来年は少し数を減らそうと思いますが、お呼びがかかれば極力断ることなく対応したいと思っていますので、どうなるかわかりません。

『アレルギーを持つこどもとその家族が、笑顔で充実した日々を送れるよう最大限の努力をする』という理念の実現・実行を続けていくのみです。