神戸市東灘区の小児科・アレルギー科ならばやしこどものアレルギークリニック

神戸市東灘区本山中町4丁目13番15号ご相談 078-412-7925

お知らせINFORMATION

今年の夏も、ありますよ。

一部のお子さんから、「今年はないの?」とご質問いただきましたが、今年もあります『NAC de ジェラート』♥

7月1日から9月末ごろまで、

アレルギー表示義務7品目と推奨21品目を使わない 食物アレルギーがあるお子さんも安心して食べられる リッチョドーロさんのジェラートを販売します。

もともと昨年だけのイベントのつもりでしたが、昨年来続くコロナ禍で大きな打撃を受け続けている飲食業界を応援すべく、今年も行うことにしました。

食物アレルギーがあって食べられるものが限られてしまっているお子さんには選ぶ楽しみを味わっていただき、

「今日は注射を頑張った!」というお子さんや「毎日きちんと薬を飲んでいるぞ!」というお子さんにはご褒美として、

毎日軟膏を塗ったり吸入をさせたり除去食を作ったりしてお子さんのケアを頑張っている親御さんには自分へのご褒美として、

ご来院の際にぜひ味わってみてください(ジェラートだけ買いに来る、というのはNGです)。

今年扱うフレーバーは現在のところ未定。昨年あったあの味や、昨年なかったこの味が、登場するかもしれません。

気になるお値段はNAC特別価格の1個450円(税込み)。営利目的ではありませんので、売り上げは微々たるものですが、今年はどこかに寄付することを考えています。

たくさんのお子さんに味わっていただければ幸いです。

 

ただし、ひとつだけ、約束を。

このジェラート以外のものはこれまでどおり院内での飲食禁止です。守ってくださいね。

コロナワクチン接種翌日は・・・

先日、医療従事者への優先接種として、新型コロナウイルスワクチンの2回目を接種していただきました。

これから接種を受ける方々のために、NAC隊長はじめ、スタッフに起こったことを大まかに記録しておきます。

まずは、接種を受けたスタッフ全員に、翌日、なんらかの症状がありました。これに関しては、接種翌日を休診とさせていただいた判断は正しかったと思います。

全員に共通してみられた症状は全身倦怠感です(程度の強弱はありましたが)。

発熱もほぼ全員にありました。これは、若いスタッフほど高熱が出たようです。

それ以外には、頭痛や関節痛を生じた人もいました。

接種当日は特に症状はありませんでした。NAC隊長は、接種した日の夜、なんと副反応が出る夢を見ました。

そしたら、明け方から微熱が出始め、朝起きても微熱のままでしたが、夢で見た通りの症状が出始める既視感!

全身倦怠感が強くて、「とてもじゃないが働けない」という状況でした。

午前中はひたすら寝るしかなく、昼頃から徐々に起きて活動できるようにはなりましたが、頭痛が夜まで続きました。

webで開かれている学会に参加する気にはなれませんでした・・・。集中力が続かないのです。

お風呂に入ると寒気を感じましたが、それ以上に進行することはなく、その翌日は嘘のようにすっきりしていました。

スタッフも翌々日は通常通り出勤して働くことが出来ました。

それにしても、ワクチンでこれだったら、実際に罹ったらもっとしんどいんだろうか?とかなり不安になりました。

やっぱり罹らないのが一番。ワクチンを受けたことで油断せず、これからも感染対策を怠らないようにつとめます。