神戸市東灘区の小児科・アレルギー科ならばやしこどものアレルギークリニック

神戸市東灘区本山中町4丁目13番15号ご相談 078-412-7925

診療のご案内イメージ

診療のご案内CLINICAL INFORMATION

苦しさや痛み、心配や不安に耳を傾け、
的確な診断、適切な診療を心がけます。

小児の診療

0歳の赤ちゃんから、中学生くらいまでのお子さんを診療します。どう苦しくて、どこが痛いのか?まずはお子さん自身にうかがいます。けれども、こどもには自分の症状を正しく伝えるのが難しいことがあります。そこに小児科専門医としての知識と経験を活かして、こどもの苦しさや痛みを正しく理解し、親御さんの心配や不安に耳を傾けて、必要な検査、的確な診断、適切な治療を行うよう心がけます。より詳しい検査や入院治療が必要な時は近隣の医療施設へ紹介いたします。
小児の診療|ならばやしこどものアレルギークリニック イメージ写真1

アレルギーの診療

アレルギー外来では20歳くらいまでの方を診療します。感染症のように一過性で終わる病気と違い、アレルギーは持って生まれた体質からくるものなので長い付き合いになります。ですからまずはきちんと診断することに努めて、何をどうすればいいのか丁寧にお話しして上手に付き合っていく方法を提案します。そのため、初診の方には十分な時間を取ってお話を伺います。食べ物のアレルギーが疑われる時は、診断のために実際に食べてみる検査を行います。皮膚のかゆみが目立つお子さんには、体の洗い方や軟膏の塗り方を実践指導します。夜間や明け方に呼吸がゼーゼー、ヒューヒューしてお困りのお子さんには吸入薬の上手な使い方を伝授します。
アレルギーの診療|ならばやしこどものアレルギークリニック イメージ写真1

花粉症

花粉症を発症する年齢が若くなって、今やこどもも花粉症に悩まされる時代。アレルギー疾患は症状を抑える治療が中心になりますが、12歳以上のお子さんのスギ花粉症では花粉症を治してしまえるかもしれない治療が出来るようになりました。受験シーズンはスギ花粉症の時期とも重なり、集中力がそがれて本来の力が発揮できなくなってしまいます。この大切な時期をアレルギーのストレスなく乗り切るために、早めにご相談ください。また、社会人として働き始める前に症状を軽くしたい高校生・大学生の方の相談も受け付けます。

乳幼児健診

神戸市では4ヶ月健診、1歳6カ月健診、3歳健診を集団で行い、9ヶ月健診を病院やクリニックで行うことになっています。
詳しくは以下のホームページをご参照ください。

http://www.city.kobe.lg.jp/child/maternity/examination/

先祖は、日本で初めて予防接種に成功した医師

各種予防接種・インフルエンザ予防接種

私の先祖である楢林宗建は日本で初めて予防接種に成功した人物です。その末裔である私が予防接種を勧めることは使命だと考えます。予防接種のおかげではしかや細菌性髄膜炎にかかるこどもが少なくなったことを実感し、予防接種を受けていなかったばっかりに大変な目に合ってしまったこどもに出会いました。一方で、神戸市保健所で働いた経験から、せっかく受けた予防接種のために予期せぬ事態に陥ってしまった人がいることも知っています。予防接種に不安のある親御さんの声にはしっかり耳を傾けますので、まずはご相談ください。

予防接種について

予防接種|ならばやしこどものアレルギークリニック イメージ写真1

また、アレルギーのために他院で接種が難しいと言われた方の相談も受け付けています。

予防接種の種類や接種時期については『KNOW VPD! VPDを知ってこどもを守ろう』のホームページに詳しく書かれています。ご参照ください。 http://www.know-vpd.jp/